2015年07月03日

映画鑑賞日記: Night Train to Lisbon

(2013/独・瑞・葡) 邦題: 『リスボンに誘われてIMDb logo


ポルトガルにカーネーション革命と呼ばれるものがあったらしい。軍部のクーデターによって、長期にわたる独裁政権がとうとう終わったらしい。まだ40年ほど前のことなので、当時のことを知る人はまだまだ山のようにいるらしい。すみません、何もしらなくて。

偶然手に入れた本と夜行列車の切符に導かれて、リスボンにやってきた主人公。本の作者に関心を持った彼は、作者を知る人を訪ね歩く。徐々に見えてくる革命前夜の彼らの心情。「友情」とか「恋」とか「革命」とか「思想」とか、とかく暑っ苦しいものを、「若かったあの頃」を振り返る年寄りの視点と行ったり来たりして語らせることで、熱情と静謐さの両方を美しく表現することに成功している。

Jeremy IronsやCharlotte Ramplingといった、地味だけどうまい役者をえらんだもんだ。平々凡々とした毎日を送っていた男が、いきなり全てを投げ出して夜行列車に飛び乗って、着いた先が偶然手に入れた本の作者のいた街で、彼の家族や知り合いに次々と会うことができてと、少々プロットに無理はあるように思うけれども、そうすることがものすごく生きている。

静かで、強くて、考えさせられる。ものすごく、良い。


10点満点中6点。
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

METライブビューイング: The Barber of Seville

楽しかった!! ロジーナ役のIsabel Leonardとフィガロ役のChristopher Maltmanの演技のうまいこと!! 喜劇はこうでなくちゃね。定番の演目は、奇をてらわずにストレートな演出で、色もカラフルで、勝手知ったる仲間達が楽しんでやっている感じが伝わってきてよかったです。

posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

MET ライブビューイング: "Iolanta", "Bluebeard's castle" 二本立て

チャイコフスキーとバルトークという面白い組み合わせの2本立て。隣に座ったおばちゃん、見た目からどうもオペラ好きには見えなくて。こないな人がバルトークなんて聞かはんにゃわ、見かけによらんなぁ…などと思っていたら大間違い。前半のイオランタからごうごう大鼾。あぁぁぁぁ。

で、そのイオランタ。シンプルでよかった。Piotr Beczalaが相変わらずいい。安定感があるね、この人は。比較的整ったお顔立ちなのに、今ひとつ華に欠けるようには思うけれど、なぜだろう。あまりエゴを出さず、自分の役柄を知的に理解して表現する良い人だと思うのだがなあ。テノールって良くも悪くもエゴの固まりみたいなタイプが結局重宝されるように思うけど、どうなんだろう。がんばれベチャワ。

青髭はいかにもメト。私の好みではなかった。アレだね、最近流行の演出家のエゴ丸出しのやつ。ちょっと前衛的な雰囲気を漂わせ、ゲージツでしょ、いいでしょ、みたいな。けっ。オペラのメインは音楽でしょー。いらんことすんな、気が散る。
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | Other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

更新サボってますが、生きてます

ものすごく久々の更新になりました。レビューの記録を残していない映画の半券がたまってきています。困ったなあ。

まつり嬢のほうも久々の登場ですが、生きてます。11歳のお誕生日を迎えました。写真で見ると以前よりも全体的に白っぽくなってきたように見えますね。毎日一緒にいるとあまり意識しないんですが。今日は家族と一緒にお弁当もって近所の神社でお花見して来ました。


15.04.02-115949
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | Other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

*映画鑑賞日記: Philomena

(2013/英・米・仏)IMDb logo 邦題:  『あなたを抱きしめる日まで


"The Lost Child of Philomena Lee"という本の映画化。これが契機となったのかどうかは知らないが、この原作の販売時期以降、イギリスではカトリック教会の醜聞が噴出した。少年への性虐待とか、この話にも出てくる教会が運営する「慈善施設」の搾取・人権侵害問題とか。そういう諸々の報道を目にした後でこの作品を観ると、この話の主人公と同じことを経験したであろう多くの人々の人生というものを思わざるをえない。昔の話ではない。今も何百何千というPhilomenaが引き裂かれたわが子を探している。

これはフィクションではない、現実にあった話である、ということが、この作品を嘘くさくしているような気もする。ディンチは相変わらず素晴らしい。007のMの印象は微塵も感じさせない、見事な田舎のおばちゃんっぷり。なのだけど。なんだか全体が綺麗にまとまりすぎている気がして。


10点満点中5点。
ラベル:biography Drama 5/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。