2008年07月24日

映画鑑賞日記: 崖の上のポニョ

(2008・日)IMDb logo

ついつい歌ってしまう
♪ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子♪

でもな宗介、金魚は海におらんやろ。

『ノーカントリー』『クライマーズハイ』あたりと迷って、結局ポニョを見ることに。

空いているかと思って平日を狙っていったのに、チケット売り場は子供でいっぱい。
ああ、夏休みだよ。
劇場の中も親子連れでいっぱい。
正直うえーって感じでした。

ところがところが。
ちびっこたち、お行儀がいいんだ。
100分間集中できるって、すごいぞ君たち。
もちろん「ポニョ死んだの?」とか「リサいないね」とか声は出すんだけど、
映画に関係ないぐずり声とかは一切なかった。
やはりこれって宮崎アニメの魅力かしらん。

今までの宮崎作品に比べてもとにかく話がシンプルでわかりやすい。
深読みしたい人はどうぞ、なんだろうけど、
そうじゃなくてみんな5歳の子供に戻ってみるのが正しい鑑賞法なんじゃないかな。

ナウシカ然り、もののけ然り、今までの宮崎作品って
「人間文明 = 環境破壊 = 悪」みたいな図式があったと思う。
ところが今回はポニョの父親がこの錦の御旗を掲げるのだけれど、
この図式を振りかざすことで周囲に迷惑をかけた、と最終的には謝るのね。
宮崎さんってどこまでも自然回帰な人なのかと思っていたから、ここは意外だったし、
そこの軸がぶれることで、この作品のメッセージがよくわからなくなった、かな?

何が言いたいのかとかは多分あんまり関係なくて、
CGを使わずに作ってみるってのが結局この作品の意義ってことなのかしらん。
正直そんなのどうでもいいや、私は。

大人の鑑賞にも耐える良いアニメ作品だとは思う。
でもやっぱり宮崎作品って言われるとすごく期待するから、それ以上のレベルを求めてしまう。
不幸だ。

10点満点中7点。
posted by げんまいちゃ at 07:07| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252027378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。