2013年12月28日

*映画鑑賞日記: How to Make a Book with Steidl

(2010/独)IMDb logo邦題: 『世界一美しい本を作る男 -シュタイデルとの旅-


ドイツの小さな出版社シュタイデル社のゲルハルト・シュタイデルを追うドキュメンタリー。どういう人なのか、どういう出版社なのか、予習をしないまま映画館に足を運んだので、正直いって途中ちょっと寝ました。

かといって、面白くなかったわけではないのです。いかにも偏屈そうな、でも自分の仕事を心底愛していそうな、おっちゃんを追いかけるのです。そしてその徹底的にこだわったアートブックが、フランスでもイタリアでもなく、ドイツで生まれるというところにもなんとなく納得してしまうものがあるのです。

書籍にもデジタル化の波は押し寄せているけれど、出版業界ってなかなか経営的に厳しいらしいけれど、そういう中で、こういう風にがんばっている人がいて、それを世界が認めているというのがいいなあと思います。


10点満点中6点。


タグ:documentary 6/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383168619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。