2014年01月18日

映画鑑賞日記: Captain Phillips

(2013/米) 邦題:  『キャプテン・フィリップスIMDb logo


コンテナ船がソマリア沖で海賊の襲撃を受け、Tom Hanks演じる船長が人質となる。Based on a true story. 他に生活する術を持たない海賊たちと、そんな彼らに命を握られた船長。事態打開のために乗り出してくる米国海軍の圧倒的火力。

前回の米国大統領選挙の際、「小さな政府」を求めるtea partyに対して「君たちの理想とする国家の姿がある、ソマリアだ」というジョークを聞いたように思う。秩序と統制が失われ、国としての形態をなさなくなった場所で、どういうことが起こるのか。それが如実に現れているだけに、見ていて色々と悲しくなる作品。

と同時に。酔う。すんごい船酔い。ポンコツ小型ボートに乗ってバンバンすっ飛ばすようすをものすごい臨場感で撮ってるものだから、気持ち悪くなった。劇場にお出かけの際は、酔い止めのお薬をお忘れなく。



10点満点中6点。
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383175568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。