2014年03月01日

映画鑑賞日記: La migliore offerta

(2013/伊)IMDb logo  邦題:  『鑑定士と顔のない依頼人


うおぉぉぉ。何の予習もなしに見たのはよかったのか悪かったのか。面白い。引き込まれる。130分あっという間。そしてなんというオチ。後味悪い。

抜群の鑑定眼を持つオークショニアが主人公。潔癖症だったり、恋愛経験がなく、心惹かれるのは肖像画の美女たちだけだったりと、ちょっと変わった男が巻き込まれていく不思議な世界。それを描き出す監督もさすが巨匠という感じ。音楽もさすが、名コンビ。主演は『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュ。これもいいんだなあ。しぐさや視線の投げ方一つ一つがものすごくよくて、あざとさがない。ものすごく説得力がある。だからこそ、最後のどんでん返しに「そ、そんなぁ」と思ってしまう。



10点満点中5点。
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。