2014年04月12日

映画鑑賞日記: Song for Marion

(2012/英・独) 邦題: 『アンコール!!IMDb logo


知り合いに誘われて、よくわからないまま劇場へ。年寄りが歌う話だと聞かされていたので、『カルテット!人生のオペラハウス』かと思ったら、違いました。

ありきたりのストーリー、ではある。頑固親父で人付き合いの下手な夫と癌で闘病中の明るい妻。父子間の気持ちのすれ違い。愛するものとの死別。型破りな合唱団。ダークホースのコンクール入賞。どれもこれも、これまでに散々取り上げられた素材で、目新しさはありません。正直、ストーリー展開は見え見えです。

でも。それでも。涙が出てしまう。妻の歌う"True Colours"と、夫の歌う"Lullabye (Goodnight My Angel)"。歌そのものの巧さというよりも、そこに至るまでがシンプルかつ丁寧に描かれているから、歌に乗って気持ちがすっと伝わってくるせい。いいです、すごくいい。



10点満点中5点。
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391956882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。