2014年07月12日

映画鑑賞日記: Blue Jasmine

(2013/米)IMDb logo 邦題: 『ブルージャスミン


私とはあまり相性のよろしくないWoody Allen監督作品でござりまする。でもいつものように色々と賞を取ったり、評判になったりするので、懲りもせず観にいってしまうのでござりまする…。ですがまあ、結果から言うと、今までの作品ほど「インテリが作ったゲージツ作品ですよ、どうだ!」的な鼻もちならない臭いが少なかったのでございます。おそらく鼻持ちならない女が自滅していく様を描いた作品であることが勝因かと思われます。主演のCate Blanchettが熱演しております、その鼻持ちならない女を。

鑑賞後の何も残らない感じは見事なまでに今までの作品と同じなところが悲しいところなわけで。それがなんだか、この監督を高く評価できないポイントなのかもしれません。例えば"August: Osage County"なんかも家族内でぎゃんぎゃん喚いて泣いてする作品でしたが、家族だからこそ、相手を愛したい気持ち、理解されたい気持ちがその底流にきちんと流れているのが見て取れて、家族のドラマとしてきちんと成立している感がありました。ところがこちらはそれがない。沸点の低い人たちが、自分の利益のために相手を攻撃してぎゃんぎゃんと吠えているだけ。「自分が自分が」と他人を押しのけようとする様はとても見苦しいし、その結果どんどん落ちていく様を見て「さあ笑いたまえ、コメディーですぞ」という姿勢もものすごく品がないというか、なんと言うか…。作品としてはいつもよりましですが、監督としての評価は微塵も変わらないまま終わったのでした。


10点満点中6点。
タグ:Comedy Drama 6/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400973632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。