2014年11月08日

METライブビューイイング: Macbeth

忙しさにかまけて、観劇の記録がまったく追いついていません。他にも色々と見てはいるのですが、レビューのタイミングを逃しているものがほとんどなので後回しに。

本年度も始まりました、METライブビューイング。オープニングは『マクベス』。Anna Netrebkoのマクベス夫人が話題です。確かにすごいパワーでぐんぐん押してきて、迫力あります。

ただねー、やっぱねー。相変わらずMETはお下品です。そしてどうしてこの場でお下品さを出す必要があるのか、その必然性を感じさせないお下品演出にげんなりです。これだけの豪華キャスト集めて何やってんだと思ってしまう。今シーズンもやはり、コベントガーデンならこんなことしないのになーと思いながら結局観続けるんでしょうなあ。次回はフィガロ。バタバタ劇はひねりを利かせすぎるとお下品路線まっしぐらになりやすいと思うのですが、今からいろんな意味でドキドキです。
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408516090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。