2014年12月06日

映画鑑賞日記: Terraferma

(2011/伊・仏)IMDb logo邦題: 『海と大陸


イタリア映画の癖にえらく暗いなあと思ったらエンディングでフランス語の歌が流れて妙に納得。輝く太陽と真っ青な海と、そこに生きるストレートな感情表現をするラテン気質の人々。それが物事の陰影をより際立たせていて良し。

舞台はシチリア地方の小島。昔は漁業が盛んだったが、今はそれも衰退し、夏場のリゾート地として観光客の受け入れに躍起になっている。ところが北アフリカからの難民船がたびたび漂着するため、不法移民のヨーロッパへの玄関口としてのイメージが定着することを嫌う観光業の人々と、人命救助優先という昔ながらの海の掟を遵守する漁師たちとの間で喧々諤々の論争がたびたび起こる。

主人公Filippoの設定もよい。父を亡くし、確たるロールモデルなしに足掻くハイティーン。必死に漁船に向かって泳いでくる難民を助ける祖父。そのことで祖父を罰する行政組織への反発。そのくせ夜こっそり沖に出たときに難民たちが必死に船に乗り込もうとすると、それを防ごうと彼らをオールで殴り倒してしまった自分。漁業はもうだめだと祖父のやり方を批判しつつも祖父の心配をする叔父の心の揺れを垣間見る瞬間。島に滞在している観光客Mauraに対する淡い憧憬。周囲の様々な物事を、その醜悪な部分まで含め見えるようになることが大人の世界に入ること。何を傷つけ何を守るのか、その結果に責任をとること。大人の表情を見せたり、子供に戻ったり、揺れる純朴な島の青年が大人になってゆく様子をよく描いています。その他周囲の人々の鬱屈した状況もリアルでいい。そしてその背後に映されるどこまでも青い空と海。なかなかのもんです。

少々最後が尻切れトンボのようにも見えましたが、とってつけたような大団円で終わるよりはこの後どうなるだろうと想像の余地を残していていいと思います。

10点満点中6点。
タグ:Drama 6/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409796992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。