2015年01月31日

*映画鑑賞日記: Interstellar

(2014/米・英・加) IMDb logo 邦題:  『インターステラー


宇宙を舞台にするSci-Fiにはあまり興味はないけれど、Christopher Nolan監督作品となれば何をおいても見ずばなるまい、という半ば義務感に駆られて観てまいりました。相変わらず、どういう設定なのかもう一度説明お願いします!!という部分もありはするのですが、別にちゃんと解らなくても大勢に影響はしませんし。

Inceptionの時ほどハマりはしませんでしたが、かなり楽しみました。やはりいいですねえ。

観終わってからかなり時間がたってからこの感想を書いているので、作品の詳細な部分についてはかなりあやふやになっているのですが、ストーリーが進むに連れ、引き込まれるというよりも絡めとられていくようなあの感覚や、エンドロールが終わって場内が明るくなったときに感じたあの虚無感とも脱力感ともつかぬ不思議な感覚が、皮膚感覚としてまだ残っているように思います。

次代に残る名作かといわれればそうでもないようにも思うのですが、それでもこういった独特の世界観をきっちり描ける監督の力量というのはやはり流石だとしか言いようがないと思います。


10点満点中6点。
ラベル:6/10 Sci-Fi ADVENTURE
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。