2015年07月03日

映画鑑賞日記: Night Train to Lisbon

(2013/独・瑞・葡) 邦題: 『リスボンに誘われてIMDb logo


ポルトガルにカーネーション革命と呼ばれるものがあったらしい。軍部のクーデターによって、長期にわたる独裁政権がとうとう終わったらしい。まだ40年ほど前のことなので、当時のことを知る人はまだまだ山のようにいるらしい。すみません、何もしらなくて。

偶然手に入れた本と夜行列車の切符に導かれて、リスボンにやってきた主人公。本の作者に関心を持った彼は、作者を知る人を訪ね歩く。徐々に見えてくる革命前夜の彼らの心情。「友情」とか「恋」とか「革命」とか「思想」とか、とかく暑っ苦しいものを、「若かったあの頃」を振り返る年寄りの視点と行ったり来たりして語らせることで、熱情と静謐さの両方を美しく表現することに成功している。

Jeremy IronsやCharlotte Ramplingといった、地味だけどうまい役者をえらんだもんだ。平々凡々とした毎日を送っていた男が、いきなり全てを投げ出して夜行列車に飛び乗って、着いた先が偶然手に入れた本の作者のいた街で、彼の家族や知り合いに次々と会うことができてと、少々プロットに無理はあるように思うけれども、そうすることがものすごく生きている。

静かで、強くて、考えさせられる。ものすごく、良い。


10点満点中6点。
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。