2015年01月10日

映画鑑賞日記: The Equalizer

(2014/米)IMDb logo邦題: 『イコライザー


タイトル全然違うし。イコールじゃない、絶対やりすぎ。倍返し以上。ストーリーにも難ありすぎ。過去をすっかり葬ってホームセンター勤務をしている男が、ダイナーで知り合った程度の女の子がやられたからという理由程度で何故再び人を殺めることに手を染めるのか、という、一番大元のところが全然わからないんですけど。

でもDenzel Washingtonがガンガン戦う様は見ていて気持ちいい。


10点満点中4点。
ラベル:action crime Thriller 4/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

*映画鑑賞日記: The Hundred-Foot Journey

(2014/印・UAE・米)IMDb logo 邦題: 『マダム・マロリーと魔法のスパイス


インドから来た一家がオープンすることになったらレストランの近く(100ft=30m)にはマダム・マロリーのミシュラン1つ星のレストランが。伝統と格式を重んじるマダムと頑固一徹のインド親父の戦いの火蓋が切って落とされる。・・・のではあるのだけれど、ただのドタバタコメディではなく、暖かなストーリー展開。それぞれのキャラクターの背景とか描写がものすごくしっかりしていて、主要な登場人物が皆とても愛すべき人たちなのもいい。お料理もおいしそうだし。おすすめ。



10点満点中7点。
ラベル:Comedy Drama 7/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

*映画鑑賞日記: 蜩ノ記

(2014/日)IMDb logo


突っ込みどころが多くて原作はあまり好きになれなかったのですが、映像化するとよかったです。風景が綺麗ですし。堀北真希って鬘も似合うし嫌いじゃないんですけど、あと一息演技をがんばってほしいですね。


10点満点中6点。
ラベル:Drama 6/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

*映画鑑賞日記: Frances Ha

(2012/米)IMDb logo  邦題: 『フランシス・ハ


アメリカのどこぞでマイナーにやっていた作品が話題になって広く公開されるようになった。白黒フィルム。とくればなんだかアーティステックでかつ難解でかつオサレな感じなんだろうと想像するのですが、意外にお手軽コメディ。で、なかなかいい。

主人公はNYに暮らすアラサーのダンサー。カンパニーとの契約もピンチ、フラットメイトは結婚して出て行くというし、不器用でまっすぐな人なのだが人生何かと中途半端でうまくいかない。そんな彼女のへんてこな足掻きがストレートに表現されている。


10点満点中5点。
ラベル:Comedy Drama 6/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

映画鑑賞日記: Sur le chemin de l'école

(2013/仏・中・南ア・ブラジル・コロンビア)IMDb logo  邦題: 『世界の果ての通学路


ケニア、アルゼンチン、モロッコ、インド。世界4カ国に住む子どもたちの通学の様子を追う、それだけなのだけど、なんだかいいです。簡単に学校に行ける環境にあると、そのありがたみもわからなくなってしまうんですね。

これを見て「外国の子どもたちはがんばっているねえ、かわいそうに」で終わらせたくないなと思いました。私はものすごい勢いで過疎化の進む地域に住んでいますが、これから雪もどんどん積もる中、小さな小さな学校に子どもたちは毎日元気よく通います。毎年のように学校の統廃合の話が出て、少しずつ学校の数がなくなり、その分子どもたちの通学距離は増えていきます。この作品を遠い国の話としてみることができませんでした。子どもたちの教育って、単に教育行政の問題だけではなく、その社会を鏡のように映し出しているのではないかと思うのです。おりしもマララ・ユスフザイさんの全ての子供に教育をという訴えが注目されていますが、「野蛮な未開の国では今でも女子教育が認められていないんだって」で終わらせるのではなく、私たちは次の世代に何を残すのかということを、我が身に引き寄せて考えないといけないなと思わせる作品でした。
10点満点中6点。
ラベル:documentary 6/10
posted by げんまいちゃ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。